拡大画像 027 | 【インタビュー】SUPER☆GiRLSの前島&田中&荒井、初主演ドラマ『超絶☆絶叫…… | マイナビニュース
拡大画像 025 | 【インタビュー】SUPER☆GiRLSの前島&田中&荒井、初主演ドラマ『超絶☆絶叫…… | マイナビニュース
拡大画像 023 | 【インタビュー】SUPER☆GiRLSの前島&田中&荒井、初主演ドラマ『超絶☆絶叫…… | マイナビニュース


"

――言い訳はいけません。劇中で採用された「きゃりーぱみゅぱみゅみぱみゅぱみゅ、あわせてぱみゅぱみゅむぱみゅぱみゅ」をお願いします。

荒井:きゃりーぱみゅぱみゅみぱみゅぱみゅ、あわせてぱみゅぱみゅむぱみゅぱみゅ! 何回も練習したので大丈夫です。

前島:きゃりーぱみゅぱみゅみぱみゅぱみゅ、あわせてぱみゅぱみゅむぱみゅぱみゅ! イェーイ!

田中:…はい。きゃりーぱみゅぱみゅみぱみゅぱみゅ、あわせてぱみゅぱみゅむぱみゅぱみゅ…。

――まぁ、よしとしましょう。

前島&荒井&田中:やったー!

"


"

――田中さんが演じたミレイは、超常現象に詳しい役柄でしたが実際の田中さんもそうなんですか?

田中:幽霊は信じます。見たこともあります。

(思わず噴き出す前島と荒井)

"


"

最後に、もうひとつ。VICE写真展でなにを展示しようか話し合ったとき、大橋さん、電話越しで『実は最近すんごいの撮っちゃったんだけど……首つり。どう?』って提案してくれて。結局それは使わなかったけど、どんな現場だったんですか?

「そうそう。今回の写真集でも入れたよ。プライバシーを考えて目線は入れたけどね。でもオレは別に、そこらの家に忍び込んで見つけたワケでもなくてさ。お母さんと赤ん坊が散歩している午前10時の公園で、たまたま発見しただけで。六本木の公園でロケハンしようと思ってさ。ペンタ67を首からブラ提げながら。ヒマな連中がスポーツ新聞読んでるなかを歩いてたら、ハッと生け垣から首がひょっこり出ちゃってた。『あっ、来た……!』と思って。だからオレが第1発見者。警察来るまでの10分くらいで、三脚ビシッと立ててさ。ブレたくないの。バシッと67で、ガシンッ!ガシンッ!って撮ったよ、彼はすごい迫力だったね」

死んだあとも写真に撮られるって、どういう気分なんでしょうね。

「ハッキリ言って、わからない。そして、死者を冒涜する気も決してないよ。でも、オレが首からカメラをブラ提げた状態で出会っちゃってるんだから。それはもう、撮らざるを得ないでしょう。それはムリだわ。あそこでオレが撮らないのはムリだよと。それは理解して欲しい。それは彼も覚悟のうえで、見つかるような場所でやってるワケだしさ。オレはもう勝手に彼のことを出会いだと思ってる。あの瞬間から我々は友人なの。名前は知らないから、オレは〝首吊りの彼〟ってよく言うんだけど。自分の写真集に姿を残した人っていうのは、たとえ知り合いじゃなかったとしても、たとえ風景的な群衆のなかの1人でも、ひとつの関係ができたと思ってる。だから〝首つりの彼〟も、今ではわりと親しい友人だね」

"
ナタリー - 乃木坂46、お台場ライブでファンに新曲1位獲得を報告


"「謝礼は交通費程度でよろしいでしょうか」ということだったので、お断りすることにした。
たしかに謝礼についての問い合わせのときに「お気持ちで」とは申し上げたが、交通費のみ支弁ということは「ノーギャラ」ということである。
ふつう、それが意味するのは、その人の仕事は「ギャラを払うほどのクオリティのものではない」という判断を先方がなされているということである。
そう判断するのは先方の自由であり、かつまたその判断に蓋然性が高いことにも私は同意するが、それと同じように、「おまえの仕事のクオリティは低い」と判定している人のところにわざわざ休日をつぶして出かけるほどの義理はないという私の側の判断にもご同意願いたいと思う。"
配偶者の条件 (内田樹の研究室) (via twominutewarning) (via kml) (via gkojax) (via kondot) (via salz)
2009-10-21 (via gkojay) (via ssbt) (via petapeta) (via yaruo) (via cutupradio) (via dj-wildparty)
もりかわです。 -森川 葵 オフィシャルブログ- ばーちーきたいって
magma news
magma news
magma news


"97風吹けば名無し[]:2012/09/27(木) 15:33:05.00 ID:bGwJLKaU
勿論覚悟するのはお前だKJ


103風吹けば名無し[]:2012/09/27(木) 15:34:25.81 ID:T2YAEFb5
»97関係ないだろ!いい加減にしろ!
"